「謙虚」な姿勢とは?

 

こんにちは。

クロスローザの廣田です。

いつもクロスローザのブログを

ご覧いただきありがとうございます。

そして、

数あるブログ・婚活サイトの中から

当サイトへ訪れてくださり

ありがとうございます ^o^/

 

 

会員様とお話をしているとき

「謙虚さは大事ですから」

とお伝えすることがあります。

「謙虚」という言葉を辞書で調べると

「控え目で、つつましいこと。

へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。

また、そのさま」

と書かれています。
謙虚になるって、簡単なようで難しいですよね。

「控えめで、つつましく」という言葉をイメージすると

静かに自己主張しない感じですが

受け取り方によっては

自信のなさや、あまり社交的ではない雰囲気を連想してしまうという方もいらっしゃいます。

でも、ここで言う

「控えめで、つつましさ」とは

「振る舞い」ではなく「姿勢」

だと思うんですよね。

謙虚になるという振る舞いは

自分自身を、無意味にを卑下(劣っている)するしかありません。

「相手を持ち上げるために」自分を落とす。わけですね。

それって「謙虚」でしょうか?

「謙虚」だと思うなら

その振る舞いは

ちょっと違うと思うんです。

無意味に

自分を劣っている

   =相手を敬う、持ち上げる

ということは、

虚とは何も関係ないと思います。

もちろん、ほんとうに心から

相手に対して賞賛することはありますが

それは

「自分を卑下する」こととはまったく関係なく心から「素晴らしい」と相手を敬うことができますよね。

ということは

もし

自分を卑下して、劣っているとして

相手を敬うなら

本心では相手のことを敬っていない。

うことが見つからない。

と言うことなのかもしれません。

極端な言い方をするなら

「敬うことがないから、自分を落として、賞賛する」

つまり、

無意味に自分を卑下することは

「自分で自分を見下し」ながら

自分でも気づかないうちに

「相手も見下している」

ということになるのかもしれません。

自分を無意味に卑下した分だけ

実はお相手を「見下して」いた

という

思いもよらなかった構図がでてきました。

もう、謙虚どころではない話です。笑

それならば、

謙虚な姿勢であるということは

どうすればいいのでしょうか?

と、振り出しに戻ります。

ただ、

目の前の相手を敬うだけ。

でも、それが難しいですよね。

よく知らない、

ほんの一面しか知らない人を

本心から「敬う」って、

とても難しいことです。

それならば

「感謝」をする

というのはいかがでしょうか?

先入観で判断するのではなく 

ただ、ありがとう。と思う心。

感謝」を忘れない姿勢。

 

謙虚とは、

「控え目で、つつましいこと。

へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。

また、そのさま」

とありましたが、それを、言い換えて

謙虚とは

「不必要に偉ぶったり、大げさになる必要もなく

無意味に自分のことも、相手のことも見下す必要もなく

先入観をもたず、判断しないで、

ただ感謝をすること

すなおに相手の意見などを受け入れること。

また、そのさま」

それなら、出来そうですよね。

「こんにちは」や「初めまして」という

挨拶の中にも「ありがとう」の心を添えて

一期一会を大切に過ごしたいと思います。

LINE@しています。

お友達になってくださいね^^

LINE@はじめました。

LINE@はじめました。
↓QRコードからお友達登録できます。

飛び込みカウンセリング

無料!お相手検索60分

お問い合わせ・資料請求 marriage@crossrosa.jp

Face book

「いいね」してね!

京都・滋賀にお住まいの方を中心に おなたの最良のパートナー探しをお手伝いしています。