滋賀県の結婚相談所 実話その1 “結婚の価値観”

以前に仲人業をしていた時の事を思い出しました。

この仕事に携わり、相談に来られる方の話を聞きながら『この方ならこんな方が良いと思うな!』

と思いながらお相手を探し、紹介をしていくとそのまま交際に入り、ゴールインになったものでした。

何故か“ピン!”とくるのです。

相談者とお話しをしていると、何か「こんな方が似合う」と思う事が多かったのです。

我ながら関心していたものでした。

 

こんな事がありました。

男性が34歳、女性が26歳の方でちょっと歳が離れているカップルです。

8歳も離れているので価値観が違うかしら?と懸念しておりました。

彼女から「彼からデートの時にお茶を水筒で持ってきてほしい」と言われたというのです。

『どうしょう、ちょっとケチな方を紹介したのだろうか』と私が不安になっていた時

彼女から,

「経済的にしっかりしている人で良かった!。私もケチなので・・・」

と話してくれました。

それから彼と彼女は交際を続け、ゴールインしたのです。

 

   “結婚っていいものです”

二人でいる時の安らぎや笑いのある家庭が心を満たしてくれるのです。

 

でもそこに至るのに、二人の状態が「鍵」となります。

“相手の方といると自分が素直になれる”事が大事だと思うのです。

楽しい時には笑い、悲しい時には泣き、一番大切な事は自分が悪いなと思ったら

「素直に謝る」事ができるかどうかだと思うのです。

 

今回はちょっと、大事な“キーワード”をお伝えします。

“パートナーになる人に「自分の弱み」を見せる事ができますか?”

 

自分の弱みは人それぞれ価値観が違うので内容も様々だと思います。

お相手と会う時に、自分自身に問うてみましょう!!

そこについても、「弱み」がわからない場合など、何なりとご相談くださいませ。

 

無料相談・カウンセリング