誰でも人見知りはある。

こんにちは。
いつもクロスローザのブログをご覧くださりありがとうございます。

アドバイザー/心理士の廣田です。

みなさん「グータンヌーボ2」と言う番組はご存知ですか?
簡単に番組内容を説明すると、
女優さんやタレントさんなどの「恋」を赤裸々にお話しする、
また、MC(進行役)の方が聞き出す番組です。

そんな公開女子会のような番組が復活したという事で、
懐かしく観てみました。

その回のゲストのお一人は、
女優でありタレントの優香さん。
素敵なことをお話しされていました。

それは、「人見知り」について。

「自分は人見知りだけど、人見知りと口に出すのをやめたの。」
「たいていの人はきっと人見知りだし、人見知りってことを口に出すことによって、相手を遠ざけてしまうことを気づいたから。」

画像提供:http://www.horipro.co.jp/yuka/

優香さんご自身
この番組の元MCとして活躍されたことも含め
出会いの経験から感じられたことなのでしょうね。

人とのコミュニケーションの大切さを感じてられるからこそ、
ご自分の中でも心掛けてらっしゃるようでした。

どんな人との出会いにも「初めまして」は必ずありますよね。

どのような関係になるのかは、
やはり相手を受け入れる「気持ち」。

さらに、
受け入れる気持ち「プラス」受け入れてほしいという勇気だと思います。

緊張しているのも、お互い様。
その中で、どれだけ相手と
「受け入れあえるか」という姿勢が
その後の関係を加速させるような気がします。

「受け入れあえる姿勢」って、
無理なお願いを受け入れるとか、
なんでも話さないといけないとか、
馴れ馴れしい振る舞いとは違いますよ。

礼儀やマナーを守って、
相手を尊重することは大前提です。

何を話すか
どう振る舞うかと表面的な行動の「オープン」ではなく、
「わたしは、あなたに会えて嬉しい」
「この時間を一緒に過ごしてくれてありがとう」
という「心を開くオープン」なスタンスで
コミュニケーションを楽しむことだと思います。

「嬉しい」と感じない時、
「嬉しい」の代わりにどんな想いがあるのでしょうか?

私の場合は、「ちゃんとしなくちゃ」
「相手が過ごしやすいと感じてくれるかな」など、
(高評価をもらうことで)「仲よくしたい」という
ぎこちないコミュニケーションだったと思います。

また、
「ありがとう」がないコミュニケーションって、
仕方なく会っているのだからというスタンスですから
上下関係や勝ち負けの競争がベースになっていて、
ぜんぜん対等でもないですよね。

自分は相手よりも優れているか、
勝っているかというコミュニケーションは
コミュニケーションではなく
「探り合い」ではないでしょうか。

「うれしい」「ありがとう」というスタンスで
相手と向き合えば、
自然と打ち解ける会話やリアクションをとれるものです。

また、お相手の振る舞いが
ぎこちないと感じたなら、
それは、
あなたも以前に感じていた想いを相手も持っているだけのこと。
高評価や低評価は関係なく
「仲良くしたい」という想いだけを「受け入れ」てあげてくださいね。

何事も、最初の一歩ってパワーが入ります。
でも
あなたの可能性を生み出すために使われる
素晴らしいパワーであることは違いないと思います。


お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験