世論と共に考えるような人は_。

世論と共に考えるような人は、
自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。(byニーチェ)

自分の目で見て、
耳で聞いて、
感覚で受け取ったことを伝えるとき、
もしかしたら、
相手と共感できない事もあるかもしれません。

でも、そこから、
新しいアイデアが生まれてくることもある貴重な時間ですよね。

相手との見解や意見が相違しないとき、
そこでお互いの思いを交わすことは喧嘩ではありません。
どちらかへの攻撃でも、支配でもありません。

ただ、自分の感覚を伝えたいという情熱が、
いつの間にか「自分が正しい」にすり替わり、
思いが引けなくなった時ほど「一般的には…」と、
世論を味方につけたくなるのかもしれません。

それって、
言葉を使った「多勢に無勢」の形になってしまいませんか?

フェアな人間関係を望むなら、
やっぱり「1対1」が気持ちいですよね。

それが出来る人は、自分自身に信頼を持っている人だと思います

信頼をもつお手伝いしています♪