人生は短い。

人生は短い。
たとえ、それを長いと思って過ごしている人たちにとっても。
(A・モーロア)

最近では「人生100年時代」なんて言われていますよね。

そう思うと「人生は短い」と言われても、
まだまだ沢山の時間が残されていると感じます。

では、もし仮に、100歳まで生きたとして、
今の年齢から残りの年数に365をかけてみると、
後何日あるかが算出されます。

例えば、
45歳の方なら20,075日
55歳の方なら16,425日だそうです。

算出された日数を
「まだ沢山ある」OR「意外と少ない」
どのように感じるかも解釈によりますね。

未来を気にして、
この瞬間の大切なコトを見落としてしまうのは勿体ない。

とはいえ、やりたいことを「いつかは~」と先延ばしにするのも、
勿体ないと思うわけです。

残りの日数を指折り数える必要は全くありませんが、

どのような日常(人生)を過ごしたいか、
日常に埋もれた「自分らしさ」を思い出す時間を持つことは、
時には必要ではないでしょうか。

一歩を踏み出す勇気もサポートします!


お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング