愛のメッセージ集

クロスローザのLINEお友達になってくださった方に、

毎週水曜に配信している「愛の名言」とその名言にクロスローザの私見たっぷりなメッセージをご紹介します。
「愛のメッセージ集」ページはこちら

人の心は__。

人の心は日に日に変わっていく。そして、人の境遇もまた、昨日と今日は同じではないのである。by松下幸之助

「昨日と今日は同じではない」とは思うけど、どこか違うの?

朝起きて、挨拶を交わす家族は、昨日と同じだし、
私も、昨日と同じ。
今日出会ったあの人は、私の知っている友人を連想する。

など、同じとか似てるって、判断は、自分の中の解釈にすぎません。

こういった解釈は、
「それ以外の考えは、ない」とどこかで感じているからかもしれません。
仕方ない。そういうモノだから。と、惰性や諦めもあるかもしれません。

また、いつも同じ方が安心する。
いちいち考えなくて楽ちん。という事もありますよね。

今日は、「違う見方があるかもしれない」と、
少し前向きな好奇心を思い出してみませんか?

同じように見えていても、
昨日は気付けなかった「今日の発見」。
昨日の自分では考え付かなかった「閃き」。

そんな風に、どこか新鮮な眼差しで、
昨日とは違う今日を生きてみるのは、いかがでしょうか。

感謝の心_。

感謝の心が高まれば高まるほど、
それに正比例して幸福感が高まっていく。 (松下幸之助)

「ありがとう」とか
「いてくれて良かった」とか
「あなたのおかげ」など、

言われたら嬉しいし、
誰かに向けて、そのような思いを感じられることも、嬉しいですよね。

誰かの何気ない振る舞い、
はたまた、誰かが存在するだけで感謝が溢れるのって、

幸せですよね。

誰からも感謝を得ようと思うと、
とても繊細な気遣いが要りますが、
誰にでも感謝することに気遣いは必要ありません。

ただ、感謝するだけでいいのだから。
それは、すべて自分の気持ち次第_。

感謝したくても、
そんな出来事も、親切も受けていない。
思い当たらない!!

という時は、
自分自身に感謝してみてはいかがでしょうか?

自分にも、他の人にも、
分け隔てなく感謝できるなら、
それは、何とも幸せな事ですが、
自分自身に、心から「感謝する」って、意外と忘れがちです。

形からでもぜんぜんOK!
いつも通りの日常の中に、
幸福感の連鎖がはじめてみませんか♡


お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

発見の旅とは_。

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。

(byマルセル・プルースト)

人生を「旅」に例えられることがあります。

長い旅の道中、
嵐の日もあれば、晴れた日が続くこともある。

過ごしやすく、
美しい景色だけが続くだけではないからこそ
「旅は面白い」といわれることもあります。

嵐の日に太陽を探すことも、
晴れた日に雨を乞うことも、
「ないものねだり」という言い方もできます。

よく「ありのままを受け入れる」といわれますが、
それは「妥協」や「諦め」ではありません。
「太陽」や「雨」と限定することを、
「いったん止めてみる」と言う意味です。

そして、なぜ「太陽」を求めているのでしょうか?

それが分かれば「新しい目で」
見てみることも難しくはありません。
例えば、「目印」だとすれば、
「輝く星」「月明かり」や「大きな木」などでもいいですわけです。

限定しない「新しい目」で、
景色を眺めたら、
「ないもの」を求めている時には見えなかった
「新しい発見」が、あるかもしれませんよ。

どうぞ楽しい旅を♡

もしあなたがこれまでに__。

もしあなたがこれまでに泣いたことがないとしたら、あなたの目は美しいはずがないわ。(byソフィア・ローレン)

涙を「流す」「溢れる」「こぼれる」「にじむ」、
そこには、様々な想いが込められていると思います。

どんな理由であれ、
こだわっている時に「泣く」ことよりも、
ほっと安堵して、
心の緊張感がほどけた時に
「泣く」のではないでしょうか。

今、どんな思いでいるかを知って欲しくて、
もがいて、感情として表現しています。

他でもない「自分自身」に対して訴えているように。

だからこそ、自分の気持ちを「認めた時」に、
心が緩むのではないでしょうか。

「そっか…。私、今、辛いのか」とか
「平気だと思っていたけど、結構プレッシャーだったんだ」
「案外、嬉しい」など、

自分を理解することは、
自分を知っていけます。

それが、人を思いやる深みとなっていくようにも思います。

あなたの目は、間違いなく「美しい」はずです。

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

どうせ年をとるなら__。

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

(byシェイクスピア)

年齢を重ねると共に、
内面の人柄が表面に出てくるのが、
人間の「加齢現象」ではないでしょうか。

「どうせ年をとる」し「どうせシワもつく」のは、
これはどうやっても避けられません。

あなたは、今日から、どのように生きていきたいでしょうか?

「陽気な笑いだけの日常って、理想論。毎日が戦場よ!!」
という人の方が多いご時世ですが、
そんな戦場で「陽気」とまではいかなくても
「微笑み」ならどうでしょうか?

「微笑む理由」は要りません。

ただ、「微笑む」だけ。

手を洗うとき、
信号や電車、エレベーターなどを待つ間、
などなど・・・。

自分で決めた「この時」だけは微笑みを思い出す。と、
決めて、始めてみませんか。

いつしか陽気な笑いでシワがついていたら、
それは「加齢現象」と言う名の「華麗現象」だと思います。

ステキな女性のステップUP♪
を応援しています。

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

恋は、やがて__。

恋は、やがて他の恋によって癒される。

(by ジョン・ドライデン)

「恋」って、爽やかで瑞々しくて、
でもちょっとほろ苦いような。

恋する気持ちは「甘い」だけではありませんよね。

決して一人だけでは味わう事の出来ない感情を、
自分以外の存在によって味わえる事の一つが

「恋」です。

そして、恋しく思う対象は「人」とは限らないのも、
私たちが持つ、
多様な感受性ならではかと思います。

一つの恋の終わりがきっかけで、
新しい何かに心惹かれたり、
新しい自分を発見して夢中になったり。

自分の視界が広がるような真新しい感覚によって

「癒される」「癒されていく」ことを、
あなたは知っているのではないでしょうか。

思い通りにいかなくて、
切なさを感じても、
それでも心惹かれてしまう。

そんな「恋」を
人にも、
仕事にも、
生活の状況の中で感じるのは、
何とも素敵なことだと思います。

そして、その中で恋をして癒されていきましょう。

真新しい感覚に癒されながら♪

わたしの最大の願望は__。

わたしの最大の願望は、いわゆるキャリアウーマンにならずにキャリアを積むことです。

(by オードリー・ヘップバーン)

「キャリアを積む」とは、
「仕事の経験・結果」、
その仕事に取り組むプロセスの中で身につけていく
技術・知識・経験だけでなく、

「人間性」やプライベートも含めた
「自分自身の生き方」をも磨いていく事だと定義されています。

仕事で、それなりの成果を出すのは大変なコトですが、
その中で経験するすべてが、

自分自身の人生の糧と可能性になるわけです。

仕事や日常の役割の中ででも、
本気で取り組んで経験する「喜怒哀楽」は、

自分自身を受け入れていくプロセスとなり、
目で見て得られる成果以上の
大きな報酬を得られているのではないでしょうか。

そして、その「報酬」は、
揺るぎないあなたの魅力と強さとなるのでしょうね。

どんな経験も、どんな感情も無駄にはなりません。

精一杯、過ごしてみましょう。

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

幸せになることに__。

幸せになることに躊躇してはいけない。

(by ジョン・レノン)

「幸せになりたい」って
〈自分らしさ〉に迷いがある時に感じませんか?

「幸せになりたい」は「幸せじゃない」という意味が含まれてますものね。

でも、誰だってゴールにしてる「幸せ」ではなくも
「〈ちょっとした〉幸せ」を感じられる環境に居るはずです。

気付いていないだけかもしれないし、
もしかしたら
「〈ちょっとした〉幸せ」を認めてしまうと、
そこで幸せのプロセスが完了してしまうかもしれない。
なんて思っているのかもしれませんね。

でも、どうぞご心配なく。

まずは日常の中で感じた
「嬉しい」
という気持ちに立ち止って、
存分に感じてみてください。

ちょっとした幸せも本気で喜んでいくと、
次の幸せへと、幸せは連鎖して見つかります。
更に、その喜びも比例して。

そんな〈ちょっとした〉繰り返しが、
「自分らしい生き方」への近道になりますよ。

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

暗闇を呪うくらいなら__

暗闇を呪うくらいなら、ローソクに灯をともしましょう。

byエレノア・ルーズベルト

なにか物事がうまくいかない時
「あの時こうしていれば」とか
「あの時こう言っていれば」と
後悔して、
落ち込んで、
その時の状況を恨んだり、
関わった人や自分自身を咎めてしまうことって経験ありますよね。

そういった「後悔」に留まっている時の状況はまさに
「暗闇を呪う」感じではないでしょうか?

それは、その状況が「結果」だと感じているからかもしれません。

でも「結果」ではなく「プロセスの途中」だと思えば、
そこからどこに向かうのかまだまだ分からない事です。

暗闇は行き止まりではなく「曲がり角を曲がる前」。

曲がってみないと何もわからないから、
曲がり角を進んでみませんか?

ローソクに灯をともし、
明るくなったその先には、
きっと、
暗闇ではなかったと思える風景が
照らされているのではないでしょうか。

一緒にローソクを灯します♪

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験

愛することによって失うものは何もない。

愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。

(by バーバラ・デ・アンジェリス)

誰かを愛して、それが成就しないと、それはほんとうに悲しいですよね。

自分の存在が「無価値」として扱われているようで、落ち込みたくなります。

でも、そうではありません。
安心してください。

「愛」って結局、何なのでしょう。
「愛することで失う」という事は、何かが減ってしまうのでしょうか?

これについても答えは「NO」です。

愛する人と同じ気持ちでなかったとしても、
あなたが「どんなふうに愛することが出来る」とか
「どれだけ感情豊かであるか」など、
あなた自身を知る経験になります。

その発見は、「愛」がなければ経験できないこと。

愛することを怖がってしまうのは、
もしかしたら
思ってもいなかった「自分像」に出会ってしまうかもしれない。
というドキドキなのかもしれませんね。

ここは、怖がるより楽しんでみませんか?

愛が怖くならないサポートもしていますよ♪

お問い合わせご質問などなんでもお聞きください。
無料カウンセリング
無料お相手検索体験